田島整形外科 TOP / コラム

コラム

腰痛のお話

●腰痛
●下肢痛
●下肢のしびれ・冷感

このような症状でお悩みの方は…


腰椎椎間板ヘルニア

このような症状がある方は、年代によっても異なりますが、若年・中年の場合「腰椎椎間板ヘルニア」が疑われます。


腰椎椎間板
「腰椎椎間板ヘルニア」とは…
5個の腰椎(骨)が椎間板というクッションの役割をした軟骨で連結され、その後方部が脊柱管といわれその中に馬尾神経が入っており、軟骨部が突出してきて神経(馬尾神経・神経根)を圧迫しその部分に炎症が起こって腰痛・下肢痛を引き起こす病気です。
要因は…
不明な点が多いのですが、次のようなものが考えられます。
●重労働者 ●ヘルニア素因のある人 ●スポーツをする人 ●姿勢が悪い人 ●外傷を受けたことがある人等が挙げられます。
特に次のような症状の方は一度診察を受けることをお勧めいたします。
●腰痛・下肢痛のため同じ姿勢が苦痛で保てない。
●日常生活に支障があるが我慢している。

当院での診断、治療について紹介いたします。

受 診

<診察時のチェックポイント>
  • 腰痛・下肢痛の部位、動作や姿勢との関係
  • (圧痛・筋力低下・知覚障害・腱反射の低下)の有無の確認
  • 歩行時の姿勢や歩行距離の確認

検 査

<診断方法(画像診断)>
  • X線撮影
  • MRI
    ヘルニアの形、大きさ等を確認します。
  • 脊髄腔造影、椎間板造影、神経根造影
    ヘルニアの位置、神経根圧迫の程度を確認します。
◆MRIとは◆

従来の診断装置(レントゲン・CTスキャン)とは異なり、X線ではなく磁石の力によって体の中の器官や構造を自由な断面で画像化します。したがって、脊髄や関節の検査方法としては、最も優れているといえます。

MRI装置
腰椎のMRI

外来での治療

<急性期>
  • 安静臥床(がしょう)
  • 痛みや炎症を抑える薬や筋肉の緊張を和らげる薬の内服
  • 腰部固定帯の装着
  • ヘルニアの近くに麻酔剤を注入する療法
腰部固定帯
<慢性期>

急性期の治療に加えて、骨盤牽引・温熱療法・運動療法、その他ヘルニアで圧迫されている神経を直接ブロックしたり、ヘルニアに炎症を抑える薬剤を注入する療法があります。

骨盤牽引
温熱療法
運動療法
症状の改善

効果がない場合

入院での治療

入院は関連施設である「しのぶ病院」となります。

(しのぶ病院は、田島整形外科より車で10分程度、送迎も行っております)

患者さんの疾病や症状により保存的療法又は観血的療法となります。
一応入院期間は3週~2ヶ月位となります。

退 院

田島整形外来の定期的通院 リハビリテーション


<日常生活での注意>

  • 腹筋と背筋を鍛える体操・運動をする。
  • 重いものを持つときは身体に近づけてもち上げる。腰をひねる体勢でもち上げない。
  • 間違った姿勢を直し、常に身体の各部分を正しく使う。
  • 長時間同じ姿勢をとらない。

外来にて詳しい指導、パンフレットの配布を行っております

診療時間INFORMATION
午前
午後
受付時間
 
月・水~金
8:30 - 12:30
13:30 - 18:30
土曜
8:30 - 13:00
休診日 / 木・日曜・祝日・年末年始
田島整形外科
お問い合わせ024-533-6651
Copyright © 医療法人 回生堂. All rights reserved.